辿り着かねぇ...! 裏路地好きにはたまらない隠れ家カフェ

ホーチミンのすごいところは「え?こんな場所に?」というところに予想を遥かに超えるクオリティのお店があることだと思っています。ということで、今日は裏路地ハンターが到着難易度S級のカフェたちを紹介しちゃいます。

1. Cliché Cafe

場所も外装も内装も隠れ家をそのまま体現してるカフェです。普段はわりと空席ですが、お昼はOLに人気で満席になるそうです。実は日本人経営です。

Cliché Cafe

レトロないい感じのカフェ。ダラダラしたいときに最適!お客さんが少ないことも相まって、Wi-Fiが速い!

2. Bâng Khuâng Cafe

裏路地隠れ家カフェというより廃墟カフェ。日本人コミュニティではあまり有名ではありませんが、欧米人界隈では有名なカフェらしい(?)

Bâng Khuâng Cafe

英語サイトでよく紹介されてるので、日本人エリアだけど欧米人多いし。廃墟好きにおすすめのカフェ。でも、ネットは遅いのでノマドワーカーはイライラするかもしれない。

3. Perfume Cafe

なんかよくわからない入り組んだ裏路地にあるので、再びたどり着けるか怪しい・・・中はクッションなどがあり、アットホームにくつろげます。

Perfume Cafe

椅子とクッションルームを選べる。クッションルームでは映画鑑賞会もやってる。裏路地の奥にあるので、見つけるのが大変!

4. Casbah Pub

超観光街にありながら、知ってなければ絶対に入らない裏路地にあるので、ベトナム人ですらびっくりするカフェ。ここに知り合いを連れていってドヤ顔かまそう!

Casbah Pub

観光中心地ながら隠れ家感がたまらないアラビアンなカフェ!金土日の夜は踊り子が出ます。むせるのでわからないけど、シーシャがおいしいらしい!

5. She Cafe

住所が読めないと辿り着かないと思います。ボロボロの団地の中になんかすげーおしゃれなカフェある。そんな感じです。在住者向けに場所を説明すると、シークレット・ガーデンと同じ建物です。

She Cafe

クッションに囲まれた椅子は座り心地最高!かわいい雰囲気のローカルカフェ。

いかがでしたか?さすが到着難易度S級だけあって、どれも日本人に遭遇したことがないカフェです。日本人に会いたくない、日本語聞きたくない、隠れ家でひっそりゆっくり過ごしたい方は隠れ家カフェでのんびりすごしちゃってください!